仮想通貨のICOは儲かるか?短期で儲けられる時代は終わり?

ICOは儲かるか

仮想通貨の購入にオススメの取引所をご紹介します。

日本円で初めてビットコインを買うなら…
GMOコイン

ビットコインFXをやりたいならこの海外取引所…
BitMEX(ビットメックス)の使い方やトレード方法が分かりやすく説明されているブログ

BitMEX【ビットメックス】の登録方法

ICOは株が仮想通貨に置き換わったもの?!

今仮想通貨バブルに乗って登場した新しいビジネス手法に、ICO(Initial Coin Offering)というものがあります。

株の世界でいうIPOというものがそのまま仮想通貨でのやり取りに置き換わっただけという見方もされていますが、仮想通貨バブルの波にのり、調達できる金額が飛んでもないことになっています。

今までIPOだと1000万円ほどしか調達できなかったものが、ICOで資金調達したら数十億円集まったとか、同じような仕組みであるのに、集められる金額が桁違い!

ということで、今やほとんどのベンチャー企業やスタートアップがICOを取り入れようと奔走しているといっても過言ではありません。

ざっくりとICOの仕組みを説明すると
「プレセールで私の事業に使う仮想通貨を安く販売(もしくは分配)するから、そのかわり資金提供してください!」というものです。

もしくは「仮想通貨を使った新しいプロジェクト・開発をするんだけど、資金を提供してくれた人には新プロジェクトで利用する仮想通貨を上場前に提供するよ」という感じです。

その時に発行される仮想通貨を「トークン」と呼びます。今のところ。

資金は主にビットコインかイーサリアムで購入できることが多いです。

日本初の代表的なICOであるコムサ(COMSA)はイーサリアム、ビットコインの他、ネム(NEM)、ZAIFトークンでの購入ができるみたいです。

見ての通り、会社が株を発行して、売ったお金で新しい事業を始めるのと似たようなもので、

「これからすごく値上がりする(予定の)未公開株があるからみんな買ってください!」というのとほとんど変わらないです。

なのでIPOとICOの違いは、取引するものが株なのか仮想通貨なのかというくらいの違いしかないという認識です、私は。

もちろんこのICOはうまくいけばものすごく儲かります。これだけ話題になっているには理由があるんです。

例えば、今やビットコインに継ぐ時価総額を誇るイーサリアムも初めはICOで資金調達から始まりました。

当時100万円提供して今までずっと保持していれば8億円ほどになっているという恐ろしい伸び率です。

他にはアルトコインのFactom(ファクトム)なんかもICO時には20円くらいで買えたのですが、今や3500円。140倍です。

アルトコインですさまじい価格上昇があるものはコインチェックで代表的なものは購入することができます。

最近でも2017年5月にあったMobileGOというゲーム関連のICOは3か月で約5倍に伸び、相場はまだまだ伸びていくと考えられています。

しかし大きな値上がりが期待できるICOには参加し辛くなっています

ICOで購入した企業トークン(企業が発行する仮想通貨のようなもの)が大きく値上がりすることで資産を倍増させることが容易に可能なICOですが、今からのICOでは今までのような成功例は少なくなると予想されています。

例えば、アメリカでICOの規制が入る前にあったBAT(Basic Attension Token)がプレセールで発行されたときわずか24秒で完売するということが起きました。

人気アーティストのコンサートチケットなみに狭き門となってしまったBATのICOですが、このときにいろいろな情報をキャッチして購入できた人は何十倍もの利益を得ました。

一人当たりの購入量が時間と共に減少・制限がかけられるシステムを採用しているICOの場合、トークンの発行量が少ない=希少性がある、ということで、公開後に急激な値上がりが期待できるものとなりました。

だから、仮想通貨はバブルだ!ICOは安く買えて後で何十倍にも価値が上がって儲かる!というものではなく、ICOに参加したからと言って儲かるわけではないです。

ただ、人気が高くて購入者が少ない(購入したい人がいても買えない)ICOは今では短期で儲けられる可能性があります。

短期でも儲かるICOのパターンはこれ!

例えば、あるICOでは100人しか購入することができなかったとしましょう。

でもそのICOに参加したい人はもっとたくさんの人数でした。

買いたかったのに買うことができず
「上場したら値上がりする前に買うぞ!」という人が沢山いる状況だとまず儲かります。

そんな状況で発行したトークンが取引所に上場した場合、多少値段が高くとも、ICOで買えなかった人たちは「きっとこのトークンはこれから値上がりするから今のうちに買うんだ!」ということで買いが殺到し、値段が上がります。

しかし、買いたいと思えばだれでも購入できるトークンだった場合、上場後にわざわざ「買いたい!」という人が少ないという状況です。

この場合、取引後に上場しても短期ではICO時の原価割れになることも十分ありえますし、もともと長期で保有して利益を狙うものであるといえます。

今話題になっているICOの大半は、買おうと思えば誰でも期間内なら購入ができる、というものが主流のような気がします。

企業としてはその方が確実に資金が集まりますからね。

しかし、だれでも買えない、買いたい人がいるのに上場を待たないと購入できないトークンでないと上場後に値上がりは期待できないので、そのICOプロジェクトを純粋に応援したい人が買えばいいと思います。

儲かるかどうか最終的には、そのICOで資金調達した会社やプロジェクトがどれだけ将来性をもってビジネスを展開できるかどうかにかかっていますが、そもそもICO時に誰もが購入できるトークンを発行しているプロジェクトであれば上場後に購入しても全く遅くないと思います。

値上がりが見込めるICOのパターン

・ICO後からトークン配布の期間が長い
・トークン配布前にニュースが出る
・売買解禁と同時に主要取引所への上場
・大型ニュースの発表→知名度のある取引所への上場。

ICOは短期投資ではなく長期投資の目線で参加しよう
なのでICOへの参加は「このプロジェクトへの投資ならずっとホールドできる」そう思えるようなものだけ参加するべきです。

「けっこう良さそう・・・」のレベルなら参加せず、ICO後に安くなったところを狙うのが良いと思います。

もしそれで安くならなかったとしても次のICOがすぐにきますよ!

ICOの情報はどこで調べたらいいの?

ICO情報が調べられる主なサイトはICO COUNTDOWN、ICO MARKET、コインスケジュールなどでチェックできます。

そのほか、調べたいICOをキーワードにしてツイッターで検索すると最新の情報をえることができますよ。

2ケ月前くらいは数件~10件くらいしか紹介されていなかったのが、今や40~60件超え。
今後はさらにICO件数が増えていくと思います。

興味がある方情報を精査した上で参加してみてはいかがでしょうか?

将来性があると感じたプロジェクトに対して応援する感覚で投資するのがいいと思います。

投資案件が詐欺であることもあるので自己責任でお願いします。

しかしできるならば、ICOに参加するよりもICOやった方が儲かるんじゃないでしょうか?笑

とはいえ、先日終了したICOである0xのように突然poloniex取引所上場がアナウンスされて、ICO終了からわずか4日間で10倍の値上がりをする例もあるので、まだまだICO参加では大きく資産を増やせるチャンスは残っています。

ベンチャーの成功率は6%と言われてますが、これをICOに当てはめると、”94%の確率でトークンのホールドは損”とも言い替えることができると思います。

ICO Calenderに公開予定のICOが一覧で載っていますが、これらを逐一精査して、「これは将来性があるな」と感じるものを見つけてください。(当然ですが情報は全て英語です)

人気ICOに参加すれば儲かる!という状況はもう終わり?

最近のICOは注目が高くて潤沢な資金が集まっていたとしても上昇することは少なく、むしろICO時の価格を割り込むということが増えてきました。

5月〜6月はアルトコインバブルだったので、仮想通貨の時価総額が上昇し、お金が増え続ける雰囲気だったのでICOへの参加へ全くためらいがありません。

またすぐに上場後にICO銘柄を買う人もたくさんいる状態でした。

しかし暴落時においてはICO銘柄に積極的に投資するよりは、主力銘柄に資金を集める人がほとんどです。

仮想通貨投資が手軽で儲かる時代は終焉に向かう

これからさらに投資対象も増えていくので、投資額もさらに分散されていくでしょう。

「Coincheck(コインチェック)」のような大手取引所に登場してくるような銘柄は、それなりの数の人達が価値を認めているという証でもあります。

とりあえずやってみたい!という方はまず仮想通貨の取引所に口座を開設して、そこにある銘柄から投資してみるのが無難だと思います。

仮想通貨の購入にオススメの取引所をご紹介します。

日本円で初めてビットコインを買うなら…
GMOコイン

ビットコインFXをやりたいならこの海外取引所…
BitMEX(ビットメックス)の使い方やトレード方法が分かりやすく説明されているブログ

BitMEX【ビットメックス】の登録方法

シェアする

フォローする