ビットコイン(BTC)とは?価値は上がる?可能性は?

ビットコインとは何か、仮想通貨とは?

ビットコインを一言で表すなら、最初にできた仮想通貨です。
仮想の通貨という表現からもわかる通り、ビットコインはお金の一種です。

インターネットインフラが世界中に普及したことで実現可能となった、新時代の通貨革命だといわれています。

お金なので、円やドルのように通貨の単位があります。
ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。
1円や1ドルのように、1BTC=1ビットコインと、数えることができます。

ビットコインには紙幣や硬貨は存在しません。

「仮想通貨」や「デジタル通貨」「暗号通貨」などと呼ばれています。

ビットコインをコイン(硬貨)として販売している会社もありますが、あくまでそれはその会社が発行したサービスの一つでしかなくそのコイン自体に価値は担保されているわけではありません。

今までは日本円や米ドルなど、国が保証したお金(法定通貨)が基本でしたが、ビットコインはその概念を取り払おうとしています。

ビットコインで世界はもっと便利になる?

ビットコインの誕生で出来るようになった代表的なことといえば、今までは時間がかり、高い手数料を取られていた海外への送金も、インターネットを通じて一瞬でしかも手数料もわずかで可能になったことです。

また、ビットコインはインターネット上の決済だけではなく、実店舗での支払いにも使えるようになってきました。

ビックカメラやマルイなどいち早くビットコイン支払いに対応した企業をはじめ、どんどん使えるお店が増えていくでしょう。

お店のレジとかで、このようなマークがあればビットコインが使えます。

ビットコインを生み出したのは日本人?

ビットコインは、2008年10月に、ナカモトサトシ(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、知られたのがはじめです。

それからわずか3カ月後のこと、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。

このときはじめて仮想通貨・ビットコインが発行されました。

このときに関わった開発者や創始者は、最初のほぼ無価値のころからビットコインを保持しているので今頃は億万長者になっているらしいです、そりゃその通りですよね。

それからおよそ1年後の2010年2月、ビットコインをドルから両替ができる最初の取引所が誕生しビットコインと使った決済がはじまりました。

ビットコインは何ができるのか

ビットコインは、国が発行している法定通貨の円やドルと同じく、経済活動をスムーズに進めるために作られた仮想通貨です。

ビットコインは、Tポイントやスイカなどの電子マネーとは違い、世界中で日常生活に使えるようにすることを目指して作られています。

仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、パソコンやスマートフォンに作った口座やウォレットをお財布代わりにして、物の売買ができます。

円やドルなどの国の法定通貨以上に便利で、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

かつてジンバブエで起こったハイパーインフレや銀行の倒産などで資産が脅かされる危険がなくなるわけです。

ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に記録していきます。

その処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、対象期間に発生した全ての取引のデータを正確に記録することが大前提。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算でなされるのですが、膨大な計算量が必要となります。

そこでビットコインは有志を募ってコンピューターで計算してもらうことにしました。

有志のコンピューター集団の計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い共有する1つの大きな取引台帳に追記を行うことで成り立っています。

この共有する1つの大きな取引台帳に追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われています。

つまり、ビットコイン全体が健全に運用されるように頑張ってくれた人へ報酬として、新たに発行されたビットコインが支払われます。

これがビットコイン通貨の新規発行です。

このビットコイン通貨の新規発行にいたるプロセスを「採掘(マイニング)」と呼びます。

採掘活動は「1つの大きな取引台帳の更新作業」と言い換えることができるのです。

コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在し、彼屋のことをマイナーと呼びます。

マイナーは世界中に存在していますが、電気代が安い中国やモンゴル、アメリカがほとんどです。

ビットコインの発行総量は事前に決められています。

また、マイニングによって発行されるビットコインの総量も調整されています。

ビットコインの発行総量は、「2140年までに2,100万BTCまで」とされていて、2017年8月現在では1600万BTCが発行されているといわれています。

4年に一度マイニングによって得られるBTC報酬が半分になってしまう「半減期」がやってきますので、時がたつにつれ徐々に発行スピードが遅くなるでしょう。

2,100万BTCに達した後は新規に発行されることがありません。

そのため、発行量が増えすぎてジンバブエのようにインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

また、中央集権的なコントロールができない仕組みになっているので、意図的にビットコインの価格を操作することもできないようになっています。

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク